チンコを使うためには頭を使え!

相手の事を少しでも早く、そして多く知る為には、
話をしながら何が好きなのかなど色々な事を把握していく事が大事だ。
話の内容やしていた事、色々と覚えておく事は相手に対して好印象を与えるのと共に、
自分に興味も持ってくれているんだと思わせる事に繋がる。

思い込ませる事は大事だ。思い込ませる事で股の開き具合が変わってくる。
好きなんだと思わせる事で少なからず相手にも興味を持ち始めるものだ。
好きだ好きだと言われればまんざらでもなくなってくるのが女。いや…それが人間なのだろう。
安心してくれ…実際にこの方法で私は何人もの女とセックスをしてきたのだから。
見た目などは決して関係ない。要するにどれだけ演技が出来るのか。
どれだけ相手に思い込ませる事が出来るのか。
それによって「モテ」というのは変わってくる。

少なからず見た目はいい方が成功率は高いに決まっているが、
逆に見た目がいいせいで軽くみられてしまうと損する事も多い。
多少見た目が崩れてくらいの方が女としては甘えやすく、そして信じやすいのだ。
安心してくれ…私は見た目は良くない方だ。いや…はっきり言えば悪い方だ。
それでも幾度となく女を口説き、そしてセックスをしてきたのだ。
もちろんお店でもなくお金を渡さず同意のもとでだ。
間違いはない…少し時間をかけて勝負をするのなら思い込ませるくらいの方がいい。
短期勝負の方法はない事もないが、中々成功率は低いと思っていた方がいいだろう。

チンコが使いたいのならまずは頭をフルに使わないとセックスなんて出来はしない。
話術や見た目を売りに出来ないのなら余計にそうなる。
いや…話術も見た目も売りにしていたとしても同じ事だ。何事も「真剣」っぽさが必要なのである。
しかし決して真剣ではいけないのだ。あくまでもセックスがしたいだけの場合は、
「真剣」っぽくが大事なのだ。
相手をその気にさせておく事。これが出来れば後は思いのままなのだ。

しかし…ちゃんとアフターケアをしないととんでもない事になってしまうと思うので
そこはちゃんとしておこう。
背中から刺されても責任は取れないのであしからず。
とにかくチンコを使う前に頭を使う事…。
会話の一つ一つを覚えているだけでも大分印象は違うものだ。
そうして頭を使う中にしっかりと色々なパターンを想定しておこう。予習はとても大事だからである。
勇気を持って行動し様々な計算をしておく事も大事だ。全ては過程になり、そして結論へと導くのだから。